女の人

少しでも早くうつ病を改善させるためには【周りの協力が大切】

  1. ホーム
  2. クリニックを上手に利用

クリニックを上手に利用

女の人

気になる費用と助成制度

身近な人や自分がもしうつ病を発症してしまったら、正しい知識を持ち対応する事が大切です。うつ病は心と体に様々な症状が出てくる病気です。症状を改善する為には、きちんとしたケアが大切でしょう。そこで気になる症状がある場合は専門のクリニックを受診する事が大切です。うつ病の場合、何科に通うべきなのかと疑問に思う人もいるかもしれません。この場合、精神科や心療内科を受診する事がおすすめです。精神科や心療内科と聞くと、少し受診しにくい言う人もいるかもしれませんが、一般の病院となんら変わり無く、また通いやすい雰囲気のクリニックが増えています。受診をすると最初にカウンセリングが行われ、そこでしっかり症状を伝える事が大切です。同じうつ病であっても、症状の出方などが大きく異なります。その為、うつ病の治療はその人の症状などを元に、総合的に判断して様々な方向からアプローチを掛けていくでしょう。抗うつ剤を使用した薬物療法を始め、精神療法など取り入れています。この精神療法では支持的精神療法や認知療法など行っています。支持的精神療法では患者さんの不安をしっかり取り除く為に、患者さんがどの様な事に悩み、不安やストレスを抱えているのかしっかり理解を示す療法です。その事により、心の負担を少しでも軽くする事が出来、また、うつとはどの様な病気なのか、どうすれば改善するのかなど助言もしながら治療を進めて行きます。また、認知療法ではうつ病患者に多い、悲観的な考えやネガティブな感情を改善する為に心にアプローチを掛けて行く療法です。偏った物の考え方、柔軟にする為にも、悪循環な物の考え方を改善する方法を示して行く療法です。この様に、クリニックでは体の負担を軽減するだけでは無く、心の負担も軽くする事が出来るでしょう。また、そこで気になるのがその費用です。一般的に、精神科や心療内科の場合、初診は3000円から5000円程度、最新では2000円から3000円程度になります。この金額は診察代や検査代、お薬代など含まれた金額です。また、うつ病の場合は、通院期間が長くなってしまう事もある為、しっかりと通う事が大切でしょう。せっかく治り掛けているのに、もう大丈夫だろうと自己判断して通院を止めてしまっては危険です。うつ病は再発しやすい病気なので、しっかりと治す事が大切でしょう。また、やはり通院が長期間に及べば費用的に負担が大きくなるのではと感じる人もいるかもしれませんが、自立支援医療と言う費用の負担を少しでも軽減する事が出来る制度があります。この制度では通常3割負担の費用を1割負担にまで減らす事が出来る制度です。ただし、誰でもこの制度を利用する事が出来ると言う訳ではありません。対象は精神保健福祉法第5条に規定してある統合失調症などの精神疾患を有している者であり、精神医療を継続的に利用する人になります。つまり精神科などに長期間通院する必要がある人の費用負担を軽減する制度と言う事です。お金が無いからクリニックを利用する事が出来ないのではないかなど、費用の面で不安を抱えている人は、この様な制度がある事をしっかり頭の中に入れておきましょう。