女の人

少しでも早くうつ病を改善させるためには【周りの協力が大切】

  1. ホーム
  2. 心と脳のカラクリ

心と脳のカラクリ

悩む人

心が疲れたサイン

うつ病は現代病とも言われるほど多くの方が発症しています。原因も様々です。いつどんな状況でうつ状態になるかも様々です。仕事や家庭、学校、環境、大きなショックなど多数の原因が考えることができます。例えば、仕事、家庭、学校などは人間関係のコミュニケーションができず悩む方もいます。仕事の失敗、学校の勉強についていけないなどもストレスに感じます。このようなストレスを感じる方は完璧主義者が多いです。完璧に物事をこなす方は1度の失敗でつまずく事もあります。大きなショックを受けると人間はパニック状態になりやすいです。周囲が見えなくなり悲しい日々を過ごす事になります。大切な家族やペットの死は、強烈なショックを感じます。急に寂しくなることや、孤独を感じる事も少なくありません。育つ環境も大きな原因です。家庭環境や周囲の環境にも影響します。うつ状態になると物事をマイナスに考えがちです。人の目が気になり、いつも誰かに見られているような気がします。人の声が聞こえることや、自分の悪口を言われているような気になります。症状がひどくなると部屋の明かりを消して、1日中カーテンを締め切って生活するようになります。人との接触を嫌がるようになるので親切も鬱陶しくなり苛立ちを感じます。過食や拒食をする方もいますので注意が必要です。体を壊す事も珍しくありません。何もやる気が起きず、思考能力が低下します。脳の活動が低下して物事を正しく判断する事が困難になります。うつ状態に気づいたら専門の病院を受診する事をお勧めします。心療内科、精神科などが良いでしょう。初期の症状の目安としては、憂鬱な気分が継続する、やる気がない、人と会いたくない、仕事が辛いなどです。物忘れが頻繁に起きることや、日常生活がおくれない場合も受診しましょう。心療内科や精神科も受診の際に予約が必要な場合が多いです。それは、患者一人に時間をかけるからです。患者の話を聞く事が重要です。ゆっくり診察するので予約をしていきましょう。予約すると安心ですし、ゆっくり話を聞いてもらいましょう。専門の医療機関を受診する場合に、家族の付き添いをお願いした方が良いです。うつ状態になっている方は、医師のアドバイスや治療方法を聞き逃す事もあります。脳のコントロールが乱れているので考えたり、聞いたりする事が難しくなっています。家族にしっかりと聞いてもらいましょう。うつ病の理解も必要ですし、患者との接し方も重要です。治療は、薬、家族の協力になります。家族は医師のアドバイスを聞きましょう。薬も医師の指示通り服用します。自己判断は病気を再発する可能性があります。カウンセリングで話を聞いてもらうだけで症状が落ち着く事があります。無理に患者の話を聞くのではなく、患者自身が話したい時に家族は聞いてあげましょう。治療には、時間がかかりますが完治する病気です。うつ状態になっている時にはそっと見守る事です。無理は良くありません。うつ状態に気づかずに症状が悪化すると自分を否定します。家族が気づいたら病院を勧める事も良いでしょう。早めに受診して治療をしましょう。